ご当地グルメ王!餃子入りパイタン高麗鍋

昨年11月に行われた第10回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦in草加!



その優勝B級グルメである餃子入りパイタン高麗鍋を食いそびれて年を越してしまったガン。後悔の念もひとしおである。


  第10回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦in草加に行ってきました!
  →http://saitama.bkyuugurume.com/index.php?QBlog-20121126-1




このまま何事も無く2013年を安穏と過ごしてしまっていいものだろうか!?


やり残したことがあるのなら・・・気がついた今!やるならば遅すぎる事はないサ!



そこで年明けも早々1月4日、行ってきました!


(ω・ )ゝ ん?今日は何日だって?

私はアイデアを暖めて、練って文字に書き起こす性分なのです( ー`дー´)



(´・ω・`)ゴメン、どうしようもなく遅筆なだけ・・・





・・・というわけで途中軽い渋滞に巻き込まれながらも1時間半、愛車を走らせて着きました。

パイタン高麗鍋




ずいぶん前の話になりますが、この辺はよく仕事で来ておりました。

なので、お店の場所は把握してたつもりだったのですが鶴ヶ島寄りに移転されていたようで少々戸惑ってしまいました。

お店も綺麗になっていて人気の程がうかがえます。



草加で行われた第10回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦の優勝ポスターが貼ってあります。

パイタン高麗鍋


店内は窓際にボックス席が配置され、中央付近にセルフサービスのお冷コーナーがありました。

夕食時にはちょっと早いかなという時間でしたが満席に近く、もう少し遅れてたら席待ちになるところでした。




早速ご当地グルメ王優勝の餃子入りパイタン高麗鍋と看板メニューのホワイト餃子(焼き)8個をオーダー。

「高麗鍋はお時間10分少々かかりますがよろしいでしょうか。」と聞かれましたが、無問題!
こちとら1時間半掛けて来とるんじゃいw


最初に運ばれてきたのはホワイト餃子。

よく見る餃子の形ではなく、小籠包をひっくり返したような感じです。

パイタン高麗鍋

どうやって焼いたのか、フライパンに接する面だけでなく球形の半分くらいまで焼き色がついてます。

これは期待!




「最初はタレをつけずにそのままお召し上がり下さい」との注意書きがありましたので、素のままでパクリ。

パイタン高麗鍋


パイタン高麗鍋



うん!物足りない(´・ω・`)


厚めの皮がパリッパリで美味しいのですが、タレのひと味があってこそ餃子としての完成形ではないでしょうか。



やはり餃子はタレが必要だねっ☆と言うことで自分好みのタレを調合しようとして・・・さっきの注意書きを思い出した。



餃子のタレはラー油と醤油を半々で(お酢はお好きな方だけ)



素直な子に育ったガンはこの通りの配合で。


パイタン高麗鍋



ん〜・・・やっぱり醤油少なめ、お酢多め。ラー油は気持ちだけ。の方が良かったかも?

餃子自体が少々油っこさを感じるので、なおさらガン、オリジナルブレンドが合いそうです。


しかしこのパリッパリの皮、美味いなぁ〜!(ノ´∀`*)


持ち帰りもできるようなのでお土産決定ですw




さて、このホワイト餃子。皮が白っぽいからホワイト餃子なのかな?と思っていたらWikipediaに情報がありました。

−−−Wikipediaより−−−
創業者・水谷信一が満州(現在の中国東北部)で白(パイ)という中国人から餃子作りを教わり、戦後日本へ引き揚げ餃子店を開く際、始めは「パイ餃子」にしようと思ったが、色気が無いので英語にして「ホワイト餃子」にした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ホワイト餃子店



皮なんて関係なかったんや・・・(´・ω・`)






餃子を堪能しているうちに餃子入りパイタン高麗鍋がやってきました!

パイタン高麗鍋



豆乳ベースのスープに野菜と餃子、チャーシューが入ってます。


パイタン高麗鍋



パイタン高麗鍋




スープは豆乳ベースなのでほんわか優しいお味ですね。


水餃子も肉厚の皮が食べ応えあって(゚д゚)ウマー



パイタン高麗鍋







・・・と、その時ガンの舌が異変を感じた!?



こ・・・これは!?





シャンツァイやぁ!!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。




シャンツァイ、またの名をパクチー・コリアンダー。


他の名前で言ってしまえば・・・






(#゚Д゚)カメムシソウ!


シャンツァイ好きな方、ホントにごめんなさい(m´・ω・`)m



ベトナム料理には欠かせない、好きな人はこれが無いと物足りないというシャンツァイ、ガンはまったくダメなのです(´;ω;`)


お店の方には申し訳ないのですが、お皿のはじっこにソソソと隔離させていただきました。



シャンツァイの苦手な人は注文時に相談すれば入れないでくれる・・・のかな?(未確認)






お土産のホワイト餃子は家族みんなで「焼き」で食べました。



あのパリパリ具合の秘密は作り方に書いてあったのですが・・・

 1.フライパンに油をひいてホワイト餃子を焼く

 2.熱湯を餃子が8分目までひたるくらい入れる

 3.ホワイト餃子が半分ひたるくらい油を入れる←ココ

 (作り方は端折ってあります)



焼きと揚げで油を上手に使ってパリパリ感を出していたのですね。φ(*'д'* )メモメモ


ホワイト餃子 はながさ

住 所:埼玉県日高市高萩2306-9
電 話:042-985-1150
定休日:年中無休
営業時間:11:00~23:00
駐車場:あり




今回は餃子入りパイタン高麗鍋目当てだったので日高までドライブしましたが、ホワイト餃子さんは久喜店なら近いのでまた食べたいと思います。

体重の増減に一喜一憂 ガン





グルメ食品・ギフトを通販でお取り寄せ!ぐるなび食市場





ブログランキング参加してます。ポチっと押すと小躍りして喜びます(∩´∀`)∩

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
にほんブログ村

B級グルメ ブログランキングへ

Tag: 日高市 B級グルメ ガン

関連記事

コメント

  • リベンジですね

    リベンジ達成ですね~おめでとうございます?
    パクチーがはいってるとは・・・・なかなか本格的ですね。まぁ自分も得意ではないですが、
    なんとかいけますw10分待ちくらいでちょうどよいのかな~?

    ホワイト餃子は結構ありますよねぇ~県内。Mさんに食べつくされそうですがw


  • Re: リベンジですね

    >>1
    もぐもぐがこの記事を見て「ホワイト餃子、ホワイト餃子」とつぶやき続けてます・・・
    ざわわ様のご心配が現実のものとなるかも知れません・・・



認証コード7119

コメントは管理者の承認後に表示されます。