ジャンルで探す>スイーツ桶川べに花まんじゅう>桶川べに花まんじゅうとは?

埼玉B級ご当地グルメ王決定戦出場履歴

第3回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦 in 西川口 出場

第4回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦 in ソニックシティ 出場

第7回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦 in 加須 出場

第8回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦 in 埼玉スタジアム 出場

第9回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦 in 北本 出場


桶川べに花まんじゅう



桶川べに花まんじゅうとは



桶川は江戸時代、中山道の宿場町として栄え、農産物の集積地として賑わっていたそうです。
華やかな町人文化が花開いた江戸時代は、紅花は晴れ着の染料や女性の口紅などとして需要があったため、主な生産地だった山形県以外にも産地が求められ、江戸の商人が紅花の種を桶川にもたらしたことから、桶川で紅花栽培が始まったそうです。



山形に比べ、埼玉県の桶川は温暖な気候なので収穫も山形に比べると早かったため、「桶川臙脂(おけがわえんじ)」と呼ばれて高値で取引されたそうです。

しかし、明治時代になると科学染料の導入などから紅花栽培は徐々に衰退。

その後、紅花は見られなくなってしまったようですが、桶川に住んでいる方が歴史に興味を持ち、自分で紅花を栽培し始め、紅花の復活とつながっていったそうです。